このはな佐久米ぬか酵素風呂 喜世の郷〜きよのさと〜喜世の郷〜きよのさと〜
効能・効果・温浴方法米ぬか酵素風呂Q&A事業案内アクセスリンクブログ
米ぬか酵素風呂とは
米ぬか酵素風呂温浴時 酵素とは細胞内で作られ、生体内のほとんどの化学反応の触媒の働きをするたんぱく質を主体とする高分子化合物です。 主に酒・味噌・醤油(しょうゆ)などの醸造、食品製造・医薬品などに用いられています。 米ぬか酵素風呂とは酵素・お湯を米ぬか100%に混ぜて一晩寝かせ、60〜70度に自然発酵させたものです。 常時熱くする為に週に2回程度酵素に栄養を与えます。(これをランチと言います。) その米ぬかの入ったひのきの浴槽の中に,砂湯のように仰向けに寝て温浴します。 酵素の発酵による温かさと米ぬか100%のサラサラとした肌触りが心地よく心身が癒されます。 このはな酵素では浴槽内の米ぬかの温度は60〜70度ぐらいになりますが、米ぬかは熱伝導率が低いため体感的には心地よい温度です。 また、米ぬか酵素は24時間365日発酵し続けていますので、常に低温殺菌状態で衛生的にも問題ありません。
Copyright (c) KonohanaSakuKousofuroKiyonosato All Rights Reserved.

現在の閲覧者数: